「表現プロジェクト演習」は、これからの地域と世界で活躍するグローカル人材を育むために、新潟大学人文学部が開講している一連の特徴的な授業科目群です。チームワークによって自分と仲間を高めていく協同力、人文的専門性を活かした創造力、学びの成果を学内のみならず地域へ発信していく表現力の向上を図ることで、地域社会と連携しながら実践的人文知を涵養することを目指しています。

この取り組みは、「超域文化論」「地域文化論」という科目名により2008年度に開始しましたが、全国的にも高い評価を受け、2009年度からの3年間、文部科学省「大学教育推進プログラム(教育GP)」に選定されました。2011年度からは「表現プロジェクト演習」に統一し、内容のさらなる充実と発展を進めています。

シンボルキャラ画像
  • お知らせ
  • 表現プロジェクト演習の特徴
  • 授業科目
  • 過去の授業科目
  • 新潟大学人文学部GP(2010-2012)
  • GPの概要
  • GP実施計画
  • GP事業とは
ページの先頭へ戻る